ことばの玉手箱

メイプス

03-5422-7355

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-19-1304

営業時間:14:00〜20:00

ブログ

言葉の玉手箱

2011/03/07 ことばの玉手箱

==============
【1】ことば探し
==============
寒い、寒いと言いながら…、でも立春が過ぎ、夕方がどんどん明るくなっている。

 

そう…。今は早春。
春の野に出ても、まだちょっとお花は探せないと思うけど、「ことばの野原」から春の言葉を探してみましょう…!

 

・月朧(つきおぼろ) 月がおぼろにかかっているさま。特に春の月に言う。

 

・春霖(しゅんりん) 早春に降る長雨のこと。

 

・日永(ひなが) 昼間の長いこと。春になって、日が長くなること。

 

・強東風(つよごち) 春特有の、激しく吹く東風。

 

・徂春(そしゅん) 過ぎゆく春。行く春。

 

言葉には、景色が込められていますね!

 

「ことばの野原」で、あなたも春の言葉を探してみてください。

 

==============
【2】俳句歳時記
==============
この冬M-Apesの冬期講習の国語では、俳句の学習をしました。

 

4年生5年生男女混合グループで、詠んだ連歌をご紹介しましょう。

 

本来、連歌とは複数の人で上の句と下の句(五七五と七七)を順繰りに詠んでいく和歌のことですが、授業では、敢えて上の句だけでの、つらねうたにしました。

 

上の句だけとは、いわゆる俳句になります。子供たちが詠んだ作には季語が入っていなかったりですが…。

 

連歌仕立ての俳句の学習は、大笑いの楽しい授業になりました。

 

・鶯は どこだどこだと 探す人

 

 

・探す人 道がわからぬ 旅人だ

 

 

・鶯の 声が聞こえる 近くから

 

 

・聞こえてる 耳をすませば すぐ近く

 

 

・近くから 聞こえているけど わからない

 

 

・木下に 座って探そう 長々と

 

 

・鶯を やっと見つけた 旅人だ

 

如何でしょうか…?

 

川柳とも呼べないような、拙い五七五かもしれませんが、面白いことに、きちんとストーリーが成り立っています。

 

頭を柔らかく!心を柔らかく!すると、五七五は無限の広がりを見せてくれます。

 

言葉のウォーミングアップに、俳句や川柳を日頃詠んでみるのも、楽しいかもしれません。

 

では、最後に春の俳句を一句。

 

・けつかうな 御世とや蛇も 穴を出る (一茶)

 

==============
【3】ちょっとだけ…古文
==============
今回も、枕草子から…。

 

枕草子と言うと、「春はあけぼの…」だけは知っている、逆を言うならそれしか知らない、と言う方は本当に沢山いらっしゃることでしょう。

 

もったいない!

 

それはそれは奥の深い、面白い話が沢山あるのです。

 

沢山の中から、その一つを紹介致しましょう。

 

*心ときめきするもの

 

心ときめきするもの 雀の子飼い。

 

ちご遊ばする所の前わたる。よき薫物たきて一人臥したる。唐鏡のすこし暗き、見たる。よき男の、車とどめて、案内し問はせたる。頭洗ひ化粧じて、香ばしうしみたる衣など着たる。ことに見る人なき所にても、心のうちは、なほいとをかし。

 

待つ人などのある夜、雨の音、風の吹きゆるがすも、ふとおどろかる。

 

心ときめく、胸がどきどきわくわくするもの…として、様々なことを清少納言は羅列していますが、面白いことに、嬉しくてドキドキの中に、心配や不安で胸がドキドキも混ぜているのです。

 

さて、それがどこだか…、わかりましたか?

 

 

メイプス

電話番号 03-5422-7355
住所 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前1304
営業時間 月〜土:14時から20時まで
アクセス
・目黒駅東口より徒歩1分
・ロータリー側 三井住友銀行ATM だるま鮨となり
・マンションエントランスからお入りください

facebookページはこちら
http://bit.ly/2brvjkZ

ページのトップへ戻る