「桜のことば」

メイプス

03-5422-7355

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-19-1304

営業時間:14:00〜20:00

ブログ

言葉の玉手箱

2012/04/05 「桜のことば」

春です!桜のつぼみもはち切れんばかり。今週末が見ごろですね。
「桜」
にまつわる素敵な言葉が日本にはたくさんあります。
是非、お子さんの前で使って頂きたい言葉を紹介してみます。

 

【花明り(灯り)】日が長くなってきました。日が暮れてきても桜のあの薄いピンクがほんのり周りを明るくしてくれている様子。

 

【花曇り】まだまだ晴天が続くことのないこの季節。桜の咲くころに多い薄明るい曇り空のこと。

 

【花冷え】同じくこの頃は「また冬に逆戻り!?」というくらい寒いときが・・・。

 

【花の雨】春の長雨。

 

【花便り】桜の開花を知らせる便り。

 

【花散らし】桜の季節に野外で遊ぶこと。

 

【花の雲】満開の花が連なって雲のように見える様子。

 

【花疲れ】お花見のあとの気だるさや、美しいものをみた満足感の余韻。桜は魔性!?

 

【飛花(ひか)】舞い散る桜のはなびら。

 

【花筏(はないかだ)】散った花びらが水面に浮かんで漂う様子。

 

どうですか?難しい言葉はひとつもなく、小学生のお子さんでも理解しイメージすることが出来る言葉ばかりです。

 

桜ひとつで、こんなに多岐にわたり情景を思い浮かべることのできる言葉があるのです。
日本語って素敵ですよね。表現力を豊かに・・・心掛けましょう。

 

そして大人向けに・・・

 

○ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく 花の散るらむ (紀友則)
日の光のやわらかい春の日なのに、どうして桜は落ち着くことなく散っていくのだろう

 

○山里の 春の夕暮れ来てみれば 入相の鐘に 花ぞ散りける(能因法師)
山里の春の夕暮れに来てみれば、一日の終わりを告げる山寺の鐘の響きとともに桜の花が散っていた

 

○願はくは 花のもとにて春死なむ その如月(きさらぎ)の 望月の頃(西行法師)
願わくば2月15日頃、満開の桜の下で逝きたい・・・2月15日は釈迦の命日。西行が旅立ったのは2月16日。お釈迦様の後ろをちゃんとついて行かれたのですね

 

○散る桜 残る桜も 散る桜(良寛)
どの桜もやがて散るゆく定め。明日があると思わず、今生きている命を「如何に生きるか」

 

○さまざまの ことを思ひ出す 桜かな(松尾芭蕉)
この桜を眺めていると、ご奉公していた昔の思い出が蘇ります

 

私の独り言。
桜は独りで見ていても、本当に心穏やかに眺めていられることは少なく・・・。
様々なことを思い出し、思いめぐらし、少し気持ちが苦しくなることがあります。

 

でも、そんな桜の季節がだからこそ、愛おしい。

 

 

メイプス

電話番号 03-5422-7355
住所 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前1304
営業時間 月〜土:14時から20時まで
アクセス
・目黒駅東口より徒歩1分
・ロータリー側 三井住友銀行ATM だるま鮨となり
・マンションエントランスからお入りください

facebookページはこちら
http://bit.ly/2brvjkZ

ページのトップへ戻る