志望校別対策とは?

メイプス

03-5422-7355

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-19-1304

営業時間:14:00〜20:00

ブログ

受験対策

2013/10/10 志望校別対策とは?

埼玉・千葉の中学入試まで100日を切りました。

まだまだ暑い日が続き、夏の余韻も感じられる時期ですが、そろそろ志望校に特化した対策を始める時期です。

特化したというのは過去問を徹底的に潰し、当該校では確実に70%以上の得点を取れるように対策を立てることをいいます。

過去5~10年分を4科目すべて三回繰り返すには二ヶ月近くかかってしまうでしょう。時間的にはギリギリです。

もちろん、過去問は繰り返すべきだし、過去問演習なくして合格はありえませんよね。

 

では、どうすればいいのか?

 

科目や分野の得手不得手は誰にもあるものです。

したがって、科目・分野の対策に当てる時間の長短、演習量の多寡・強弱は十人十色です。

まず、自分の弱点を見抜き優先順位を見極めましょう。

そして、不得手科目・分野を徹底的につぶしていきましょう。

 

また、学校によっては特に出題頻度が高い分野・難度が突出している分野があります。

満遍なくすべての分野から比較的平易な問題が出題される学校ももちろんあります。

志望校のクセをみつけ、そこに焦点を絞って差をつけられないように対策をたてなければなりません。

 

そのときに重要になるのは、やっぱり「基本の確認」ですね。

でも、「基本」って誰でも同じレベルで「基本」なのでしょうか?

「計算」一つとっても各自のレベルに合わせて十人十色だと思います。

計算の順序を確認すべき子と計算時間短縮のための計算の工夫を確認すべき子ではやらなければならないことは大いに異なります。

様々な「公式」も覚えておけばいいレベルと成り立ちから証明できなければならないレベルの違いがあります。

覚えるだけでも覚える深度の違いがあります。

思考過程を残す答案を書かせる学校は思考力と表現力の練習が必要だし、解答だけを書かせる学校ならばスピード練習が必要です。

自分が受験する学校がどのレベルまで求めているのか(そのメッセージが過去問に!!)を把握して、必要にして十分な基礎力を身に付けて本番に臨みましょう。

 

 

メイプス

電話番号 03-5422-7355
住所 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前1304
営業時間 月〜土:14時から20時まで
アクセス
・目黒駅東口より徒歩1分
・ロータリー側 三井住友銀行ATM だるま鮨となり
・マンションエントランスからお入りください

facebookページはこちら
http://bit.ly/2brvjkZ

ページのトップへ戻る